新築一戸建てを購入して夢の生活スタート!優秀戸建て住宅発見記

一軒家

思い通りの住宅に

注文住宅のトレンド

一軒家

注文住宅のトレンドとして、多世帯住宅の建築着工件数が増えています。多世帯住宅を建てる人が増えている理由は、プライベートを保ちながら、年老いた両親と一緒に暮らせるためです。 多世帯住宅を建てる時には、親からの資金援助を受けやすいことも多世帯住宅の人気の一因になっています。福岡県大野城市でも、親から資金援助を受けて、多世帯住宅の注文住宅を建てるケースが増えています。 注文住宅が好まれる理由として、間取りなどを自由に決められることが挙げられます。多世帯住宅を建てる時には、親の介護がしやすいように、自由に間取りを配置することができます。 大野城市では、地元の工務店に頼んで注文住宅を建てる人が多く、工務店の人気が高まっています。

戸建住宅の歴史や変遷

日本では長年の間、在来工法と呼ばれる木造軸組構法によって戸建住宅の建築が行われてきました。1960年代になると欧米諸国からプレハブ工法が伝わり、プレハブ住宅の建築が行われるようになりました。 1970年代には大規模な分譲地を造成して、プレハブ工法によって分譲住宅を建築するケースが増加しました。1980年代から1990年代にかけては、日本中で分譲地の造成が増え、大野城市でも数多くの分譲住宅が建築されました。 2000年代になると地価の下落によって、高品質な注文住宅を建てやすくなりました。大野城市でも木造軸組構法による注文住宅の建築が増加しました。 最近は高齢化社会の到来により、高齢の親とプライベートを保ちながら同居できる、多世帯住宅の注文住宅が人気を集めています。